オンライン学習塾とは?

地域による、教育格差をなくしたい

子どもたちは、中学〜高校〜大学と成長するにつれ、より広い社会へと歩みを進めてまいります。

またその過程では、志望校合格に向けて受験勉強にいそしむ期間もございます。

私は、このときすべての子どもたちが平等に学習できる環境がなければならないと感じておりました。

例えば、東京の中心部と松阪市では、学習塾の数に違いがあることは否めません。

このように、子どもたちの住む地域によって教育格差が生じているのなら、受験は必ずしも平等とは言えません。

そして、そのような格差によって、十分な学習環境が得られず成績が思うように伸びないとしたら、それはお子さまのせいではありません。

そのため私は、地域による教育格差を埋めることが、学力向上の抜本的な取り組みであると考えてまいりました。

そこで当塾は、オンライン授業を開始いたしました

オンライン授業システム「アンビシャス」を提供する、株式会社トータルエデュケーションサービス澄肇社と業務提携をし、オンライン授業を開講させていただくこととなりました。

当オンライン授業システムは、すでに全国の生徒さんが受講しはじめておられます。

そして私は、オンライン授業が地域による教育格差を是正し、お子さまの志望校合格に最適な学習環境を提供する一助になれると信じております。

当塾のオンライン授業3大特徴

当塾のオンライン授業は、お子さまの志望校合格を大きく後押しする学習環境を提供しております。

(手前味噌ではございますが)通常の対面型の学習指導にもひけを取らないという自負がございます。

それは、以下の3つの理由からです。

1.講師は現役京大生

お子さまの指導を担当させていただく講師は、全員が現役京大生または大手予備校クラスの科目専門講師です。

そのため、ハイレベルの問題もわかりやすく教わることができます。

また、彼らは国内トップクラスの「勉強の達人」とも言えます。

ぜひ、彼らから「勉強の効率化」「勉強時間の短縮化」のコツを学んでください。

その結果、全科目的に学習量が増加いたしますので成績アップが期待できます。

2.毎回の授業を詳細にフィードバック

お子さま、保護者さま当塾が、毎回の授業について詳細に情報を共有できるシステムがございます。

講師が毎授業後、当日中に授業報告メールをお送りいたします。

報告メールの一例を紹介しますと、以下のような内容が届きます。

【講評】
本日は、結晶格子や気体の問題を見ていきました。

家で解いてきた分に関して、イオン結晶の半径比の問題で質問があったため解説して
いきました。また、黒鉛の密度を求める計算もわからなかったようでした。

化学は問題のパターンが限られていることから、簡単なパターンで計算したことがあるはずなので、簡単な場合を考えて必要な計算を進めていくよう伝えました。

授業内で解いてもらった問題は9割正答できており、気体の計算は問題なくできていました。間違えた問題は気体の混合の問題で、直感的な気体の移動がイメージできていないようでした。

また、無機の非金属に関する小テストを行いました。正答率は14問中12問でした。細かい反応式などもしっかり覚えておくよう伝えました。

【前回の宿題】
問題集を先に進める
無機、有機の範囲の暗記

【今回の宿題】
問題集を先に進める
無機、有機の範囲の暗記

このような詳細な記録によって、つねにお子さまが「勉強をやるべき内容や目的」が明確化します。

目的意識が明確なほど、学習はより効率的になり、また学習効果も高まります。

また、勉強に向かいやすくもなりますので、学習習慣が形成されやすくなるメリットがございます。

従来は、講師が勉強内容や目的を示したり、お子さまがノートなどにそれらを記述することが一般的でした。

しかし意外と、詳細に記述されていないがゆえに、忘れてしまうことも少なくありません。

3.対面で個別授業を受けているみたい

当塾のオンライン授業システムは「テレオフィス」というアプリを使用いたします。

テレオフィスが一般的なオンライン通話アプリと異なる点は「画面に文字が書ける」ところです。

私たち講師は、お子さまの「解答プロセス」を注視することが少なくありません。

それは、お子さまがどのように問題を解いているのかが把握できるほど、つまづいている箇所や間違ってしまう原因を見つけやすく、改善につながるからです。

その結果、おのずと正答率が高まります。

タイトルとURLをコピーしました